アンサングシンデレラのキャスト・キャラ・あらすじを解説!

7月16日から放送中のアンサングシンデレラのキャストとキャラを解説していきます!

 

アンサングシンデレラのキャストとキャラを解説!

葵みどり – 石原さとみ

物語の主人公。8年目の薬剤師。知識も豊富で優秀な薬剤師だが、患者さんのことを思う優しさと正義感から、医師などに意見をしてしまうことも。そのため、心無い人たちに疎まれることも少なくない。

相原くるみ – 西野七瀬

萬津総合病院薬剤部に赴任してきた新人薬剤師。葵みどりの指導を受け、徐々に影響を受けていく。

刈谷奈緒子 – 桜井ユキ

冷静沈着な薬剤部主任。みどりに対する態度はいっけん冷たいようだが、みどりが窮地から救われると思わずガッツポーズするなど、実は密かにエールを送っている。

瀬野章吾 – 田中圭

みどりを薬剤師として育て上げた薬剤部副部長。一見、冷たく突き放すような態度をとるが、みどりに内緒で彼女の様子をみに来るなど、実は心配し応援している。

販田聡子 – 真矢ミキ

薬剤部部長。表面上はおっとりとしていて、頼りなく、事なかれ主義だが、ここぞという時には本領を発揮して部下を守る強さを持っている。

小野塚綾 – 成田凌

1話では、みどりと、たまたまラーメン屋で隣の席になり、みどりが薬剤師だと知って、会話するだけの出演。「なぜ、病院薬剤師を選んだのか?」という質問を投げかける意味深な役。今後、物語に深くかかわってくる予感がある。

アンサングシンデレラを解説

漫画を原作とした石原さとみ主演の医療系ドラマ!医療系と言っても主人公”葵みどり”は薬剤師という新しい医療系ドラマになっています。

タイトルの「アンサングシンデレラ」の「アンサング」は「褒められない」という意味。薬剤師という目立たなく褒められない仕事でも患者のために頑張るヒューマン・ドラマになっています。

第1話は薬剤師8年目の「葵みどり(石原さとみ)」が新人薬剤師「相原くるみ(西野七瀬)」と病棟を回るところから始まる。

産婦人科の誤診を指摘し、妊婦と赤ちゃんを救ったみどりだが逆恨みされてしまう・・・。

関連記事

医療系ドラマはたくさんありますが、このドラマは薬剤師に視点を当てるという新しい医療系ドラマです。 長期延期を余儀なくされていますがようやく始まりました! SNSでは医療関係者から、「おかしい!」とツッコミが多数見られましたが、果[…]

アンサングシンデレラのネタバレ・感想・考察 1話 泣ける?新しい医療ドラマ!

アンサングシンデレラの原作について

原作は荒井ママレさん作の漫画『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』。『月刊コミックゼノン』で現在も連載中です。

既刊5巻(2020年6月19日現在)

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!