日本人ボクサーのファイトマネーランキングが意外すぎた

こちらで紹介するファイトマネーは推測のものや、本人以外の発言のソースもあります。

本人の発言であってもソースによってはブレがあり正確とは限りませんのでご了承ください。

また、通貨価値も時代によって変わります。古い時代の金額については目安として当時の大卒初任給も表記しましたので、そちらも考慮してご覧ください。

目次

ボクシング日本人の1試合最高のファイトマネー歴代ランキング

飯田覚士さんによるファイトマネー相場の目安

世界タイトルマッチ2000万円~1億円
日本タイトルマッチ30万円~数百万円
A級ライセンス(8回戦以上)15万円程度
B級ライセンス(6回戦)10万円
C級ライセンス(4回戦)6万円

白井義男

約1400万円

当時の大卒初任給8700円

長谷川穂積

約3500万円

西城正三

約3600万円

当時の大卒初任給46,400円

ファイティング原田

約6000万円

当時の大卒初任給29,100円

輪島功一

約6500万円

当時の大卒初任給89,300円

具志堅用高

約7000万円

当時の大卒初任給114,500円

ガッツ石松

約7200万円

当時の大卒初任給は94300円

西岡利晃

約7800万円

亀田興毅

約1億円

畑山隆則

約1億1,000万円

井上尚弥

1993年 –

世界ライトフライ級・スーパーフライ級・バンタム級王者

約1億1,000万円

辰吉丈一郎

辰吉丈一郎VS薬師寺保栄戦(視聴率39.4%)

約1億7千万円

薬師寺保栄

辰吉丈一郎VS薬師寺保栄戦

手取りで2億3900万円

薬師寺「当初は1億円といわれていたけど、後で後援会にしっかりしてもらった」

*正確なファイトマネーではない可能性があります。

昔は通貨の価値や物価が今とかなり違うので一概に金額では比べづらいですね。

時代を考えると白井義男さんやファイティング原田さんのファイトマネーは破格だったと言えます。

世界1位は?

ちなみに世界1位はフロイド・メイウェザーの約280億円です。

桁が2つも違いますね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる