【史上最凶のボクサー】マイク・タイソンの伝説エピソードがエグい【まとめ】

目次

マイク・タイソンの伝説とエピソード

7歳の頃に盗みを始める

7歳の頃、仲間に誘われ人の家に入り盗みを始める。

10歳の頃には強盗団に所属

10歳の頃には強盗団に所属し、人家から拳銃を盗む。

パイプつまり洗剤を口に入れる

親の気を引こうとしてパイプつまり洗剤を口に入れる。

昔はいじめられっ子だった

7歳の頃は殴られたり、メガネをガソリンタンクに入れられたりといじめられっ子だった。

11歳の頃、相手を半殺しに

11歳の頃、大切に飼っていた鳩を殺した相手を殴り失神させる。

その後、気持ちよくなってスキップする。

11歳の頃、喧嘩の賭けの対象に

11歳の頃、タイソンの元に喧嘩自慢が集まり賭けの対象になる。

殆ど勝ち、金を稼ぐ。

コカインを始めたのは11歳

11歳の頃にコカインを覚える。

それは現役中も続いた。

もう教えることはない

少年院の頃ボクシングコーチに「もう教えることはない」と言われる。

150回喧嘩

150回のストリートファイトの経験がある。

12歳までに51回逮捕

12歳までに51回逮捕されていた。

驚異のKO率

50勝のうちKOは44。

88%と高いKO率。

13歳の時、体重88kg

13歳の時の体重は88kg。

アマチュアでの試合は18歳と偽って出場。

史上最年少ヘビー級王者

28連勝で20歳5か月でヘビー級王者に。

この記録は未だに破られていない。

路上でボクサーをKO

以前、判定勝ちした197㎝のプロボクサーと路上で喧嘩して失神させる。

タイソンは右拳を骨折した。

デビューから19連続KO

デビューから負けなしで19連続KO。

連勝記録は34。

耳を噛みちぎる

試合中に相手のバッティングに腹を立て、耳を噛みちぎる。

自分と戦いたい

誰と戦いたい?と聞かれ

「マイクタイソンと戦いたい」と答える。

チャンピオンの時、暴行で逮捕

世界チャンピオン時に暴行容疑で逮捕。

3年間刑務所で暮らす。

首の太さが異常

首の太さがおよそ52cmあった。

成人男性の平均は35.8cm。

練習量がすごい

全盛期は朝5時に起き走り込み、1日7時間週7で練習していた。

他人の尿でごまかす

試合前の薬物検査は他人の尿を使ってパスしていた。

2団体世界王者に返り咲き

服役で約4年のブランクを作るが、復帰後3試合目でWBA・WBC世界王者に返り咲く。

54歳になっても化け物

54歳になってもミット打ちの動きが化け物。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる