日本史上最高のボクサー井上尚弥の伝説・エピソードがすごすぎた

目次

井上尚弥が残した伝説・エピソードまとめ

驚異のKO率

20戦全勝(17KO)
KO率85%
軽量級では驚異的といえる。

アマチュア7冠

日本ボクシング史上初、高校生にして7つのタイトルを獲得。

選抜、インターハイ、国体の3大タイトルを含む。

高校生の時点で世界王者をボコボコ

高校生の時、世界王者の八重樫東をスパーリングでボコボコ。

デビュー前に日本ランカーを泣かす

後の世界王者・田口良一をスパーリングでボコボコにして泣かす。

田口は後に「殺しに来てると思った。」と語る。

3階級上の相手を圧倒

スパーリングでは3階級も上のフェザー級世界ランク1位の細野悟を圧倒

相手の腕を折る

スパーリングで、14オンスのグローブを使っているにも関わらず井上のボディーブローをガードした相手の腕が骨折。

強すぎてスパーリング相手がみつからない

デビュー前にも関わらず、強すぎるという噂が広がり、世界王者すらスパーリングを避ける。

プロテストの相手は日本チャンピオン

現役チャンピオンの黒田選手相手にプロテストを行い圧倒。

左手一本でKO勝利

日本1位の佐野友樹相手に3Rに右拳を痛め、そこから左手一本で戦い10RTKO勝利。

4戦目で日本チャンピオンに

辰吉丈一郎以来23年ぶりの日本最速記録(タイ)で日本チャンピオンに

日本人最速で世界チャンピオン

当時日本最速の6戦目で世界チャンピオンになる。

このことはプロテスト後に宣言していた。

脚をつりながら世界王者をKO

初の世界王座挑戦で、3週間前にインフルエンザ、減量苦で3回に脚がつるという満身創痍の状況で
6回TKO勝利。

一途?

高校時代からの同級生の女性と7年間の交際を経て結婚。

井上君だけはやめて!

対戦相手の河野公平が井上の名前を出すと、奥さんが

「井上君だけはやめて!」

と言った。

150戦ダウンなしの王者をフルボッコ

150戦超のキャリアで一度もダウンを喫したことがない、14年間無敗のナルバエスに4回ダウンを奪い、2RKO勝ち。

グローブに何か仕込んでるか疑われる

パンチ力が強すぎて相手陣営から、グローブに何か仕込んでないか疑われる。

もちろん何も仕込んでなかった。

試合中に放ったパンチは3発

元WBA世界王者のパヤノとの試合で井上が放ったパンチは3発。

そのうちのワンツーが決まり、1R1分10秒KO勝ち。

WBSS優勝

WBSSで優勝。
優勝予想オッズでもダントツの1位。
WBSSとは:1つの階級の強い選手だけを集めて行われるトーナメント戦で、正にボクシング界のワールドカップともいうべき大会。

楽しかったー!

キャリアの中で最も苦戦したWBSS決勝のドネア戦。

12R の激闘の末、控室につくや

「楽しかったー!」と笑顔で発言。

ジムの会長を驚かせた。

なお、井上はこの試合で右目眼窩底と鼻を骨折していた。

優勝トロフィーを貸す

WBSS優勝トロフィーを対戦相手のドネアに貸す。
ドネアは自身の子ども達にトロフィーを持ち帰ると約束していた。

トップランク社と契約

米興行大手TOPRANK社と複数年契約。

軽量級ボクサーとしては破格の契約金額だという。

PFP2位に

2020年、RING誌のPFPランキング2位に選出される。

PFPとは:前回級で体重差のハンデがない場合、誰が最強であるかを指す称号。

継続力

父・信吾さんから教わった鏡の前でのステップワークとワンツーを今でも毎日続けている。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる