これを見れば朝倉未来が分かる!生い立ち・経歴・歴史・プロフィール

現在RIZINで活躍する朝倉未来。

そんな彼の生い立ち・現在に至るまでの歴史をエピソードを交え紹介していきます。

目次

朝倉未来のプロフィール

名前 朝倉未来(あさくら みくる)
生年月日1992年7月15日(28歳)
出身地愛知県豊橋市
身長177cm
体重66kg
血液型O型
趣味将棋・歌
所属禅道会豊橋道場→トライフォース赤坂
バックボーン空手・相撲・ストリート

朝倉未来の歴史

運動神経抜群の小学生時代

小学生の頃から運動神経抜群だった朝倉選手。マラソン大会で毎回一位を取り、相撲大会では自分より遥かに身体の大きい相手に勝利しました。

また、空手を習っており大会で全国2位となり、この頃から才能の片鱗を見せていたようです。

父親が厳しい方で、道場以外でもミット打ちなど腕立て伏せ200回、スクワット500回など、小学生の頃から厳しいトレーニングを受けていたようです。

そして小学校高学年のときにはすでに喧嘩をしていたそうです。

荒れ始めた中学時代

中学時代から不良だった朝倉選手は、先輩相手にもタメ口で話します。

そんな朝倉選手は先輩にトイレに呼び出しをくらい、10対1で囲まれてしまいます。

しかし、「全員まとめてでいいよ。」と言い放ち、謝るどころか喧嘩を買った朝倉選手。

この朝倉選手の態度に先輩たちは10人にも関わらず怯んでしまったそうです。

この内の1人の”岡くん”とは後に仲良くなり、現在も度々、朝倉選手のチャンネルの動画に出演するなど付き合いを続けています。

岡くんは、当時を振り返りこう語りました。

「俺の友達とみくるが喧嘩した時に、折れちゃってさ鼻が(朝倉選手の)、鼻血が止まらんくなってさ。

それでも構えてて、あん時に勝てんわって思った。」

と、当時の朝倉選手の負けず嫌いに驚愕していたようです。

朝倉選手は、『参った』さえしなければ負けないという考えを持っていて当時から、その強いメンタルを持っていたことがわかります。

少年院に入った高校時代

50対2の喧嘩

高校に入っても朝倉選手の不良っぷりは増すばかりです。

暴走族に、3対3で喧嘩を約束した朝倉選手。どうせ相手は10人くらいで来るだろうから、と仲間を呼び10人で待ち合わせ場所に行ってみると、そこにはおよそ50人くらいもの相手がいたのです。

相手の人数にビビった朝倉選手の仲間は逃げてしまい、残ったのはたった2人。

その2人は怯むことなく相手に立ち向かうも、鉄パイプや安全靴でボコボコに。

途中警察が駆けつけ、一同は解散するも朝倉選手は眼窩底骨折し失明寸前という重症を負いました。

後に朝倉選手は、警察が来なかったら命も危なかったかも、と語っています。

また、このとき朝倉選手と一緒に戦った仲間が”吉田くん”という、現在朝倉選手のチャンネルのメンバーです。

これを教訓に朝倉選手は暴走族と同等の権力を持ち1対1の喧嘩をするために、暴走族に入ります。

そして、1対1の喧嘩を繰り返し他の暴走族を2~3ヶ月で潰したそうです。

ヤ◯ザとの争い

暴走族で走っているとヤクザに止められた朝倉選手たち。

朝倉選手たちは、ヤクザの前で立たされ、謝罪を要求させられます。

しかし、朝倉選手はタバコを吸いこびませんでした。

それを見たヤクザはヘルメットで思いっきり朝倉選手の頭を殴ったそうです。

その時は、すいませんと謝った朝倉選手ですが、家に変えると怒りがこみ上げてきてヤクザの事務所に1人で乗り込みました。

すると、ヤクザに拳銃を突きつけられたそうです。

この辺りの経験が、朝倉選手が戦う上で死を覚悟しているというメンタルに繋がっているような気がします。

少年院へ

警察からマークされていた朝倉選手は家に帰ると、警察官に囲まれ無免許運転の罪で捕まり、鑑別所に行きます。

反省をアピールすれば保護観察となり少年院行きは免れたようですが、朝倉選手はあえて少年院を選んだようです。

その後、他の犯罪がバレてしまい16歳から1年半少年院で過ごすことになります。

この時に、高校も退学していたようです。

この少年院に入っている時に朝倉選手は、喧嘩ばかりしていた過去を「違うな」と思うようになったそうです。

小さい頃からやんちゃだった朝倉選手ですが、盗みをしない、弱い者いじめをしない、喧嘩で武器は使わない、1対1の喧嘩をする。

など自分なりのポリシーはあったようです。

アウトサイダー時代

アウトサイダーとの出会い

少年院を出た朝倉選手は岡くんに地下格闘技団体のアウトサイダーのDVDを見せられます。岡くんは喧嘩ではなく格闘家の道を勧めたかったようです。

DVDを見た朝倉選手は「俺、勝てるわ。」とつぶやいたそうです。

そして、その後アウトサイダーのオーディションを受けるも不合格。

禅道会豊橋道場に入門。

弟・海を格闘技の道へ誘う

弟・海選手の才能を見抜いていた朝倉未来選手は、ある日の夜、海を呼びつけグローブをつけさせ殆ど説明もなく本気で殴りかかります。

未来選手は海選手の才能を推し量ろうとしていたのです。

これが、後に語り継がれる伝説の路上でのスパーリングになります。

喧嘩などあまりしてこなかった海選手ですが、未来選手の攻撃を華麗に交わし反撃までしてきたのです。

充分な才能を感じ取った未来選手は海選手を格闘技の道へ誘いました。

その後、豊橋道場での練習や、岡くんたちとスパーリングなどの練習をし、再度オーディションを受け見事合格しました。

こうして、喧嘩屋朝倉未来から格闘家朝倉未来へ変わっていたのです。

2階級チャンピオンへ

一番最初の試合は2012年11月18日、アウトサイダーではなく黒王という地下格闘技の試合に参加し、裸絞で一本勝利。

その後、KOか一本で3連勝。2013年12月8日には樋口武大戦でアンクルホールドでレフェリーストップの一本負けとなります。

その後、不戦勝と1試合の判定を除くとすべてKOで6連勝。

2015年3月21日には高橋”ルガー”大毅選手に右フックでKO勝利し65-70kg級チャンピオンとなります。

2015年7月19日には吉永啓之輔選手に勝利し初防衛。

2015年12月10日に樋口武大選手にリベンジマッチ。リアネイキッドチョークで勝利し60-65kg級チャンピオンとなり2階級制覇します。

その後、2016年3月27日にRyo選手と65-70kg級の防衛戦を行うも無効試合になります。

Ryo選手が朝倉選手にチョークをかけ、タップしない朝倉選手を見かねて主催者の前田明さんがタオルを投入しTKOとなります。

しかし、実際はキマっていなくストップになった瞬間、朝倉選手は平気ということをアピール。

Ryo選手の申し出で無効試合となったのです。

2016年9月4日には古田博之選手と60-65kg級の防衛戦を行いKO勝利。

これが最後のアウトサイダーの試合となりました。

不戦勝、無効試合を除くと殆どの試合をKOか一本で勝利しており、圧倒的な勝率とKO率を誇っていました。

ROAD FC時代

およそ4年でアウトサイダー2階級制覇を達成した朝倉選手は、アウトサイダー主催者の前田日明さんに日本総合格闘技団体の最高峰であるRIZINへの出場を熱望します。

しかし、前田さんはすぐにはRIZINへの出場を認めず、韓国の総合格闘技団体”ROAD FC”へ出場をさせます。

これは朝倉選手がRIZINに初出場した際、修斗の上位選手をあてられ潰されることを心配したからです。

2017年3月11日、ROAD FCの初戦はオ・ドゥソク選手に1ラウンドTKO勝ち。

2017年10月28日、2戦目はイ・ギルウ選手にダウンを奪われ3-0の判定負けを喫しました。

後に前田さんは、あえて朝倉選手と同じカウンタータイプの選手をあてたと明かしています。

自分と同じタイプの選手にどういう戦い方をするか見たいという意図があったようです。

そして、朝倉選手はこの負けの悔しさから猛練習し、後にかなり強くなったと語っています。

RIZIN時代

その後、2018年4月28日にDEEPでCORO選手に3-0で判定勝利し、2018年8月12日RIZIN初参戦で日沖発選手と戦うことになります。

日沖選手は全盛期は過ぎたものの修斗の元チャンピオンでUFCでも戦っていた実力者。

下馬評では日沖選手有利で朝倉選手は噛ませ犬との見方が多いのでした。

前田さんの予想通り、初戦で格上の選手をあてられたということになります。

試合は1ラウンド、ハイキックからのパウンドでKO勝利。RIZIN初戦を華々しく飾ったのでした。

その後、KOか判定3-0で6連勝。

2019年5月にYouTubeチャンネルを開設。

6月に投稿した『街の喧嘩自慢にプロ格闘家がスパーリングを申し込んだらやるのかやらないのか』という動画がバズり、YouTuberとしての知名度を上げ、RIZINのスター選手となります。

RIZIN初の敗北

2020年11月21日、朝倉選手はRIZINフェザー級タイトルをかけ、斎藤裕選手と戦います。

結果は3-0の判定負け。RIZIN初の黒星を喫しました。

試合直後、本人は負けて嬉しかった、と語ります。

これは実際に以前、前田さんとの対談で「負けてみたい。」と語っていたので本音だと思います。

しかしながら、本人は悔しい思いをしたのも確かなようで

「めちゃくちゃ強くなる。本気度が増した。負けたときが一番強くなる俺は。やり返すっていうのは永久に忘れないから。」

と語りました。

復活の1ラウンドKO

2020年12月31日、朝倉選手は弥益ドミネーター聡志戦を迎えます。

結果は1ラウンド4分20秒、ハイキックからのパウンドでKO勝利。

わずか40日後に華麗な復活を果たしたのでした。

試合を終えた朝倉選手は勝利後のインタビューで

「安心した。もっと格闘技に真剣に向き合って、今までしていなかったトレーニングをしていきたい。」

とさらに、強くなる朝倉選手が見られそうです。

今後の朝倉未来

朝倉選手はRIZINだけでなく、ベラトールという世界2位と言われている総合格闘技団体の選手との対戦を望んでいます。

世界1位のUFCの選手との対戦は契約の問題や、以前から30歳での引退を宣言しているため、試合数の少ないUFCでは時間がない、という理由から考えていないようです。

噂では、斎藤選手との試合でRIZINチャンピオンとなった場合、その後ベラトールなど世界の強豪選手と戦うという話が上がっていましたが、負けでその話はまだ先となったようです。

この負けで、そのカリスマ性やYouTube人気も相まった底知れぬ幻想は少し崩れたように思いますが、この負けをバネにしてさらに強くなった朝倉選手がベラトールチャンピオンになる姿が見たいですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる