【動画で検証】シバター勝利!vsHIROYA【RIZIN26】

大晦日に行われたRIZIN26でのシバターHIROYA戦。

体重差はあるものの、1ラウンドキックボクシングと2R総合のミックスルールでなんとシバターがKー1トップレベルのHiroyaに勝利しました。

目次

1ラウンド

1ラウンドはHIROYA選手有利のキックボクシングルールで試合が始まります。

試合が始まると、シバターは動かず睨みつけたり、ステップをふんだり、奇妙な動きで相手を挑発する動きを連発します。

これにHIROYAは落ち着いてローキックで攻めます。

HIROYAはシバターの奇妙な動きに中々入っていけません。

2分35秒、HIROYAがパンチで仕掛けるとシバターは打ち合いに応じカウンターでアッパーを当てダウンを奪います。

HIROYAが立ち上がったところで、終了のゴング。

HIROYAは脚をふらつかせながら、コーナーに戻りました。

なんと、HIROYA有利なキックボクシングルールの1ラウンドでシバターがダウンを取ったのでした。

2ラウンド

2ラウンドは総合ルールでシバター有利なルールになります。

試合が始まるとHIROYAはパンチで攻めます。シバターは組み付きテイクダウンを取ると、腕ひしぎ十字固めを決めます。

HIROYAは一瞬タップしたような動作を見せますが、レフェリーはタップとみなしません。

シバターも「タップしたよ。」とアピールしますがそのまま試合は続行。

HIROYA選手は逃れ、再びスタンドでの攻防になります。

HIROYA選手は何発かいいパンチを当て、終了間際には右フック、右ハイキックを当てシバターがぐらついたところで、試合終了のゴングが鳴りました。

試合結果は

今回のルールは、2ラウンド以内に決着がつかなかった場合は、判定なしのドローというルールなので、試合終了時にはドロー発表でした。

シバターは試合後のインタビューで

「腕十字は確実に入っていた。タップらしきものがあったからずらした。リプレイを見てもらえればわかる。」

とコメント。

しかし、その後審判団からHIROYAのタップと認められシバターの一本勝ちとして認められたのでした。

エンタメ枠で負けると思われていたシバター。キックボクシングルールでもダウンを取り、仮に判定だったとしても完勝と言っていい試合内容でした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる