斎藤裕の受け答えに前田日明がガチおこだった

11月21日の試合前、朝倉選手が会見や自身のYouTubeで斎藤選手を煽っていたのにたいし、斎藤選手は「振り回されたくない。」と、煽り返さず飄々としていました。

これに対し世間からは高評価だったようですが、前田日明の見解は違ったようです。

前田日明発言まとめ
  • プロなら当たり前
  • キャパがない
  • アホか
  • 未来は頑張ってる
  • 言葉の戦闘をやれ
目次

前田日明の斎藤裕の受け答えに対する発言

前田日明は自身のチャンネルに投稿した動画で、斎藤選手と朝倉選手の試合前の掛け合いについて

「あんなのはプロなら当たり前よ。」

と答え、斎藤選手の煽りに付き合わないスタンスについては

「あれは日本人選手にありがちで、(そういうやり取りの)キャパがないだけの話。」

と一刀両断。

例えとして、記者会見のインタビューで「がんばります!」と答える選手に

「アホか!頑張るのは当たり前やろが。お前らの発言で、お客さんが試合を楽しみにしてキップを買ってくれる。しゃべることあんだろ?」

「舌先三寸でどれだけ客引っ張れるか。プロだろ?それで飯食ってんだろ?」

と、煽り合いは客を増やすために必要なものという考えのようです。

逆に

「未来はそういう仕事しました。」

「未来はそういう意味でYouTubeだとか色んなので頑張っている。」

と、朝倉選手の煽りやYouTube活動を評価していました。

「斎藤は、キャパのない頭。頭ゼロ。」

「斎藤は挑発に乗るな、とか。アホか!いい歳こいて挑発もクソもねえだろ。

口喧嘩みたいなのやらなくていいから、そこは頭を使ってブラックユーモアや皮肉を使いながら言葉の戦闘をやれよ。」

と、厳しい評価をしたのでした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる